ハイドロキノン ニキビ跡

ハイドロキノンでニキビ跡も消える?

ハイドロキノンは、紫外線によるシミや肝斑に効果がある美白成分ですが、さらにニキビ跡やニキビ後の色素沈着にも効果があると言われています。
実際に、私もあごの周りにできていたニキビ跡が、ビーグレンを使用したら6ヶ月経った頃には薄くなりました。
また、ニキビ跡の凸凹もかなり改善されて、もう自分でも気づかないくらいにまでなっています。

 

私の場合は、ビーグレンの美白ケア製品をセットで購入して使ったのですが、美容液に天然ビタミンCが7.57%も入っており、これが細胞レベルで凸凹を修復してくれたと思います。
色素はハイドロキノンで薄く目立たないようにし、天然ビタミンCでターンオーバーが円滑になり、繊維芽細胞が活性化されて、新しいコラーゲン等が順調にできた結果でしょう。

 

天然ハイドロキノンと天然ビタミンCがあれば、本当に美肌は簡単なのだと実感できました。

 

天然ハイドロキノンは、即効性と効果の大きさが特徴。反面壊れやすく、変質しやすいので昼は使えません。天然ビタミンCも同様に壊れやすい成分なので、UV対策をして使うのが必須。それでも紫外線によって変質する可能性があります。
ということで、ビーグレンは夜だけの天然成分ケアをしていました。
長持ちするし、効果は十分感じられました。

 

 

炎症を伴うニキビケアには、ビーグレンには、ニキビケアセットもあり、洗顔料や化粧水などがそろっています。
でも、ニキビ跡の色素沈着を消したいと思うなら、ハイドロキノン製品が最適。そこに天然ビタミンCは最高の組み合わせではないでしょうか。