ハイドロキノン コスメ

ハイドロキノンの上手な利用の仕方

ハイドロキノンは、できてしまったシミを還元し淡色化するので、美白に効果があると言われていますが、大きくとらえると2つの使い方があります。

 

1.スポット的にピンポイントで使う

これは、皮膚科のクリニックでもらう処方箋的な考え方。シミの部分だけにハイドロキノンを使う方法です。
短期だけ使用するので、多少ハイドロキノンの濃度が高めでもOK。ただし、白斑などの副作用があるので、くれぐれも注意が必要です。
この場合に医師から処方されるものは、多くがハイドロキノン4〜5%の処方箋。個人的に入手して使う場合は、長い間使い続けるのはかなり危険が伴うと考えましょう。

 

化粧品に入ったものを毎日継続して使う

毎日使うスキンケア製品に、ハイドロキノンが入っていれば自然に美白効果が得られます。
この時のハイドロキノン配合量は、厚生労働省が推奨しているのは、1日2%以内がおススメです。毎日直接肌につけるものゆえに、安心の量を守って使いたいですね。

 

ただし、ハイドロキノン2%は医師の処方箋に比べるとかなり低い濃度になるので、即効性を期待しすぎるのは難しいです。さらに天然ビタミンCのハイドロキノンは、熱や空気ですぐに壊れて変質するので、肌に刺激を感じることがあり、一般の化粧品には利用されることが少ないのが現状。
だから、壊れにくい成分に作り替えられたアルブチンなどが使われています。壊れにくくなったのはいいのですが、美白効果は1/100にも減ると言われており、それが低濃度しか配合されないとすると、皮膚科でもらう処方箋に比べると、美白効果はかなり減ってしまうと考えられます。
しかし、肌荒れ、白斑などの副作用が出れば元も子もないのでこれは仕方ありません。

 

 

ハイドロキノン入りコスメの選び方

 

天然ハイドロキノンが入っているコスメは、製薬会社の製品とかドクターズコスメに限られます。それは天然ハイドキノンが管理上非常に難しいからです。
しかし、数少ないですが、天然ハイドロキノン入りコスメはあります。それはビーグレン。
副作用を考えて、2%しか入っていないのに、QuSome(キューソーム)というカプセルに入れて運ばせるので、多くのハイドロキノンが壊れずに肌の奥まで浸透することができ、少量でも処方箋のような美白効果を実感できます。

 

天然ハイドロキノンはやっぱり肌に合わない、怖いから使いたくない−と思うなら、アンプルールがおススメ。
アルブチンを使ったクリーム、美容液が1日中コツコツと美白をしてくれます。紫外線で変質することもないので、昼間も使用できるのが特徴です。

 

ビーグレンは、より即効性がありアンプルールは気楽に使えるのが特徴です。
でも、ビーグレンは、2004年4月1日から、リニューアルされた製品が登場して、より多くの人により肌に優しくより早く効果を実感!という目標を掲げています。
24時間美白ができるように構築されたラインで、短期間により多くの効果が期待されています。